2022-02-25

原稿仕事が滞ってるのだが、ウクライナのニュースを追ってしまう。軽い離人症のようなものになっている自覚がある。

元プログレ少年だった私はキエフと聞いてまっさきにこの曲を思い浮かべるわけだが、同志は世界中にいるらしく、コメント欄が祈りの場になっていた。